屋根工事コラム


錆止め塗料

錆びた金属屋根の塗り替えというと、塗っても長く持たないというイメージがありますが、実は持つ場合と持たない場合があるのです。それを見極めるのも屋根のプロとして求められます。

車中は塗料の保管場所として不適切

塗料には1液型と2液型があり、2液型は塗料に硬化剤を混ぜることによって塗膜を形成します。乾燥と化学変化で利用しているわけですが、温度が高いと固まる時間がやたらと早くなるので夏場はちょっとした工夫が必要です。

落ち葉で詰まった雨樋

強風や豪雨といったシーズンの前にお家のちょっとしたメンテナンスをしておけば、被害を防いだり、減災をすることができます。これからの季節、雨樋の落ち葉除けネットは相当、役に立つはすです。

つる性植物

お家の裏庭などあまり立ち入らないところに植えた覚えがない植物が育ってしまうというのはよくある話です。そういった植物が育ってしまい、雨樋や格子に絡み付いてしまった場合は丁寧に除去しましょう。

災害時は速やかに避難所へ

地震、豪雨、台風と2018年の夏はこれまでにない自然災害に見舞われています。自然災害による被災に対して行政でも被災者生活再建支援法でその支援を行っていますので、覚えておきましょう。

台風時に通勤する人々

当初、関東を直撃すると予想されていた台風12号は大きく西へと進路を変えました。現在は台風12号が8~9日にかけて関東を直撃するという予報が出ています。この台風13号、さまざまな被害を引き起こすかもしれません。

ネット検索

年々、大型化する自然災害。貴方のお家の屋根が何時、その被害を受けるか分かりません。緊急を要する屋根の被災時、信頼できる屋根業者を見つけるためのアドバイスを致します。

千葉ハーバーシティ

強い勢力を保ったまま日本に接近してきた台風12号、千葉に最も接近する時間と満潮時間が重なるのはご存知でしょうか。台風の勢力次第では高潮被害が起こる可能性もあります。

d3be94b71efdb686f9cfb4649f457213_s

最近、街の屋根やさんや自分のスマホに変な電話がかかってくるようになりました。自動音声でプッシュフォンのボタンでアンケートを促すというものです。実はこれ、顧客リストの作成に使われているようなのです。

陸屋根の植物

屋根が陸屋根であり、その陸屋根に出られるような構造を持っている建物の場合、屋上にすることは可能なのでしょうか。可能なようにも思えますが、実は避けた方がいいのです。

雨水を有効活用

例えばですが、雨が振った際にその雨水を下水などに排水するのではなく、一時的にでも溜めておけたら、冠水などの被害は少なくなるのではないでしょうか。家庭用の雨水タンクのご説明をします。

水害

記録的、観測史上初、これらの言葉が連発された先日の西日本豪雨。気象庁では平成30年7月豪雨と命名しました。詳しい被害情報は報道に任せるとしてこれから先、気をつけなくてはならないことを挙げていきます。

竜巻

台風以上の強風が吹き、建物を破壊していくというのが竜巻です。台風を余裕で超える風速、10トンのものを持ち上げるパワー、とにかく凄まじいのは伝わってきますが、実際に見たことがある方は少ないのではないでしょうか。

スポーツドリンク

暑くなるこの季節、心配なことと言えば熱中症です。屋外で働いている方はもちろん、屋内でもかかる危険性があるのが熱中症です。小さなお子様やご高齢の方は熱中症になりやすいので特に注意してあげてください。

冷やし中華、はじめました

関東甲信地方は本日、6月29日に梅雨明けしました。何でも6月中に梅雨明けするのは異例のことだそうで、これからかなり厳しい暑さが予想されています。夏、本番です。

信頼の施工実績
お客様の声
headno7-1_jup-
8:30~20:00まで受付中!!
0120-990-366