屋根工事コラム


つる性植物

お家の裏庭などあまり立ち入らないところに植えた覚えがない植物が育ってしまうというのはよくある話です。そういった植物が育ってしまい、雨樋や格子に絡み付いてしまった場合は丁寧に除去しましょう。

災害時は速やかに避難所へ

地震、豪雨、台風と2018年の夏はこれまでにない自然災害に見舞われています。自然災害による被災に対して行政でも被災者生活再建支援法でその支援を行っていますので、覚えておきましょう。

ハイロール

地震でも、強風でも、屋根で一番、被害を受けやすいのは屋根の頂点である棟です。こちらの倒壊を防ぐ改修方法をご紹介します。棟の取り直し工事をお考えの方はぜひ、ご検討ください。

サーモアイ下塗り

観測史上初の最高気温も飛び出した2018年の夏。暑さが特に厳しい夏は遮熱塗料などが気になりますよね。太陽光をよく反射する色として知られる白ですが、お家の屋根には似合うのでしょうか。

台風で剥がれた棟板金

8月8日から9日にかけて強い勢力を保ったまま台風13号がやってきます。現在、既に雨も降っていますし、これから建物を点検するのは危険です。台風通過後、半日以上が経過してから点検は行ってください。台風で特に被害に遭いやすい4箇所を挙げておきます。

台風時に通勤する人々

当初、関東を直撃すると予想されていた台風12号は大きく西へと進路を変えました。現在は台風12号が8~9日にかけて関東を直撃するという予報が出ています。この台風13号、さまざまな被害を引き起こすかもしれません。

通行できるような片付けられた瓦礫

屋根のメンテナンスというと資産や財産の保全という意味合いで捉えられることが多いのですが、実は自然災害時における公共的な観点からも考える必要があるのです。定期的な点検をお願い致します。

天然スレート

地震で失われるものは建物や人命だけではありません。建材や産業といった意外な物も失われます。今回はモニエル瓦と天然スレートをご紹介します。地震さえ来なければ、今でも豊富にあったのです。

畳まれたメッシュシート

家の周囲のものを片付ける、しっかり戸締りをするなど、台風が来る前にやらなきゃいけない準備があります。私達、街の屋根やさんが行う台風の前の準備とは足場のメッシュシートを畳むことです。

ネット検索

年々、大型化する自然災害。貴方のお家の屋根が何時、その被害を受けるか分かりません。緊急を要する屋根の被災時、信頼できる屋根業者を見つけるためのアドバイスを致します。

千葉ハーバーシティ

強い勢力を保ったまま日本に接近してきた台風12号、千葉に最も接近する時間と満潮時間が重なるのはご存知でしょうか。台風の勢力次第では高潮被害が起こる可能性もあります。

エアコンのフィルター掃除

連日の猛暑が続いております。エアコンが活躍しているお家も多いのではないでしょうか。こういう時だからこそ、エアコンを上手に使って暑い夏を乗り切りたいものです。

d3be94b71efdb686f9cfb4649f457213_s

最近、街の屋根やさんや自分のスマホに変な電話がかかってくるようになりました。自動音声でプッシュフォンのボタンでアンケートを促すというものです。実はこれ、顧客リストの作成に使われているようなのです。

種子島宇宙センター

1969年7月20日、人類が初めて月面に降り立ちました。本日はそれを記念して宇宙技術直系の断熱塗料ガイナのご紹介します。とにかく凄い塗料です。

洪水

洪水や津波の際、どこにも逃げ場がなくなり、屋根にのぼって水が引くまで何時間も待ち、助かったという話を稀に聞きます。平成30年7月豪雨でも同様のケースがありましたが、いざという時に備えてそういった練習はすべきなのでしょうか。