八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

工事のきっかけ

八街市にお住まいのO様、2階のお部屋の天井より雨漏りが発生するようになり、他の業者に依頼したそうです。2階隅棟の漆喰と瓦の間に隙間が出来ており、応急処置として漆喰の傷んでいる箇所と隙間にコーキング処理をしてもらったそうですが、雨漏りは止まらなかったという事でした。普段から使っているお部屋での雨漏り早く直してほしいということで弊社がご相談を承りました。

雨漏りの該当箇所の天井はO様がご自身で確認する為、開口してありました。小屋裏から躯体を確認したところ、まだ腐食は出ていません。これはお家の寿命を縮める前に雨漏りを止める必要があります。該当箇所以外にも漆喰の傷みは見られ、他のお部屋にも雨漏りが発生する危険性があるため、O様には早く安心して生活してもらうため、屋根全体の棟漆喰取り直し工事をご提案いたしました。。

八街市 棟瓦取り直し

ビフォーアフター

before
DSC_4707_R-1-before
horizontal
after
22_R-after

工事基本情報

施工内容
棟瓦取り直し
施工期間
3日間
使用材料
なんばん漆喰
施工内容その他
築年数
20年
保証年数
工事費用
建坪
PC050001_R
PC050008_R

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ca6fce5b42caa9e2c64026e45b56b8c8

習志野市で行った瓦屋根の調査の様子をご紹介します。お客様より「鬼瓦がズレているような気がするので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。下から見るとズレているように見えるので屋根に上がり確認すると、のし瓦がずれた影響で鬼瓦がズレ...........