雨漏りが発生した時の対処法と発生しやすい箇所

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

施工不良や経年劣化で起こる雨漏り。
気づいたら自分の家が雨漏りしていた、突然雨漏りが起こった、と慌てる方も多いのではないでしょうか。
雨漏りの箇所は外壁や屋根など様々ですが、1年中紫外線や雨風に晒されている外壁や屋根はどうしても劣化を止めることはできません。
お家の定期的なメンテナンスを行う事で、雨漏りの防止やお家自体の寿命を長く持たせることが出来ます。
本日は、突然雨漏りが発生した場合の対処法と雨漏りの発生する場所をご紹介したいと思います。
95433763b3466b0dae7f217d4c6c91be-columns1
雨漏り=屋根と思われがちですが、実際は他にもあります。

・屋上
・外壁
・窓枠、サッシ

上記の箇所が屋根以外にも発生しやすい雨漏りの箇所です。
屋上は太陽からの紫外線や雨風で防水層や塗装が劣化してしまい、雨漏りに繋がります。
外壁からの雨漏りでは、特にシーリング材の劣化でひび割れしてしまった隙間から雨水が入り込んでしまうことがあります。
また、経年劣化以外にも、メンテナンスしてから数年、または、新築で数年も経たないうちに雨漏りが発生してしまった場合には、施工不良ということも考えられます。
eee136698445c33a9a57ccc399b54bb6
7a730fbeb1bc984eebbc569b0fae90ed
雨漏りを見つけてしまった場合、そのまま放置する、または、業者を呼ぶのは手間だから自分で補修できるならしてしまおうと考える方も多いのではないでしょうか。
しかし、雨漏りをそのまま放置してしまうことは危険で、雨漏りは放置し続けると家内部の腐食が起こったりしてしまいます。また、自分で補修を行う事も危険です。専門的な知識を持たずに雨漏りを補修しようと思うと、かえって状況が悪化してしまう可能性もあります。
ですので、雨漏りが発生した場合はすぐに、雨漏りに詳しいプロの業者に、雨漏りの原因、調査、修理を依頼しましょう。
ちなみに、雨漏りの調査には目視やサーモグラフィ、散水試験などがあります。
また、たまに雨漏りではなく結露だったということもありますので、しっかりと調査を行ったうえで雨漏りの修理を行う事が一番安心です。
雨漏りが発生してして困っている、すぐに直してほしい、または雨漏りをそのまま放置しているという方は、一度街の屋根やさん千葉中央店までお気軽にご相談ください。

お家の定期的なメンテナンスを行う事で、雨漏りの防止やお家自体の寿命を長く持たせることが出来ます。本日は、突然雨漏りが発生した場合の対処法と雨漏りの発生する場所をご紹介したいと思います。