陸屋根を屋上にすることは可能なの?

【台風25号に関する注意のお知らせ 10/7更新】
大型で強い台風25号は10月7日未明、日本海で温帯低気圧へと変わりました。温帯低気圧になっても、台風に匹敵するくらいの暴風が吹くおそれがあります。これから温帯低気圧が近付く北日本では引き続き、暴風や高波に警戒してください。
 毎週のようにやってくる台風で屋根に被害が出ている方・被害を受けているかもしれない方もおられると思います。どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼらず、街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

現在、台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順番に対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。

お家が陸屋根の場合、屋上を設けたいと思う方もいらっしゃると思います。簡単に考えれば、「落下防止用にフェンスと手摺りを設ければOK」となりそうですが、そうもいかないのが実情です。なぜなら、その陸屋根が歩行しても問題ないように造られていることが条件になるからです。
陸屋根
もともと屋上になっていないという陸屋根は人が歩行することを前提に作られていないため、それを屋上にするのには無理があります。少なくてもお部屋の床のように歩行に耐えられるように造られていなければなりませんし、それに屋根としての耐候性も持たせなければなりません。風の強い日に砂が飛んできて、その上を人間が歩くとなれば、これはヤスリを掛けられているのと同じようなものです。普通の屋根塗装でしたら、すぐに剥げそうですよね。
陸屋根の植物
ざらついている陸屋根の床
屋上にプレハブ住宅を設置し、そこに住んでいる方をたまに見かけますが、屋根業者の目で見てみると遠慮してほしい行為です。高い所は風も強いし、そもそも屋上ではしっかり固定できません。実は危険な行為なのです。