陸屋根を屋上にすることは可能なの?


お家が陸屋根の場合、屋上を設けたいと思う方もいらっしゃると思います。簡単に考えれば、「落下防止用にフェンスと手摺りを設ければOK」となりそうですが、そうもいかないのが実情です。なぜなら、その陸屋根が歩行しても問題ないように造られていることが条件になるからです。
陸屋根
もともと屋上になっていないという陸屋根は人が歩行することを前提に作られていないため、それを屋上にするのには無理があります。少なくてもお部屋の床のように歩行に耐えられるように造られていなければなりませんし、それに屋根としての耐候性も持たせなければなりません。風の強い日に砂が飛んできて、その上を人間が歩くとなれば、これはヤスリを掛けられているのと同じようなものです。普通の屋根塗装でしたら、すぐに剥げそうですよね。
陸屋根の植物
ざらついている陸屋根の床
屋上にプレハブ住宅を設置し、そこに住んでいる方をたまに見かけますが、屋根業者の目で見てみると遠慮してほしい行為です。高い所は風も強いし、そもそも屋上ではしっかり固定できません。実は危険な行為なのです。