陸屋根の防水工事、遮熱機能も持たせられます

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市というと中央区やその周辺はすっかり都市化し、ビルなどの建物や高層化した建物も多くなってきました。高層化した建物の屋根というと、大半は平らな陸屋根です。一般的な家屋でスレート屋根や金属屋根の場合、屋根塗装をするとなると、最近では遮熱塗料が一般的になってきました。
本格的な防水工事が必要な屋上
陸屋根は定期的な防水工事で、メンテナンスをしてあげなければなりません。その防水工事、現在では遮熱機能を付加することも可能なのです。ウレタン塗膜防水などでは遮熱機能を持った製品も既に流通しております。陸屋根で防水工事を検討している方はぜひ、遮熱防水工事も選択肢に入れてあげてください。
暑い千葉中央公園
防水工事
夜間になっても気温が下がらないヒートアイランド現象、実は千葉市でも起こっています。夜、千葉市中心部から郊外へ出ると明らかに涼しくなるのです。車に温度計が付いているのなら数度、低下することを確認できます。遮熱塗料や遮熱防水は建物の中を涼しくするだけでなく、蓄熱を抑えるのでヒートアイランド現象を抑える効果もあります。環境に配慮した塗料でもあるわけです。