降水確率0%でも雨が降る!? 屋根業者はお天気にも敏感です

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

本日は佐倉市のお客様のところへお邪魔したのですが途中で霧雨となってしまい、屋根の点検を満足いくまですることができませんでした。こればっかりはどうしようもありません。本日の天気予報では佐倉市は降水確率0%と出ていましたが、屋根業者や外装業者でこれを完全に信じた方は少なかったのではないでしょうか。多数の方が「台風通過直後だし、ところによって天気が荒れると言ってるし、雨の可能性もあるだろう」と思ったはずです。外で働くようになると天気に関しての感覚も磨かれていくような気がします。
佐倉城主の像
私もこの職業に携わるようになるまで知らなかったのですが、実は天気予報の降水確率は四捨五入されていることをご存知でしたか。1桁の位はいつも0なのです。天気予報は毎日のように見ているのですが、これには気付きませんでした。したがって、降水確率が4%の場合は何と0%と発表されるのです。4%というと平均すれば25回に1回は雨が降ることになります。これが降水確率0%でも雨が降るからくりです。
天気予報
折り畳み傘
屋根業者を含む外装業者は天気予報をよくチェックしており、地元の地形や経験則と照らし合わせて当日の天気を予測している方も多いようです。中でも湿度を気にされている方は多いのですが、これは天気というより湿度が80%以上になると塗装に不具合が出やすいため、施工できなくなるからでしょう。この時期は降水確率0%でも折り畳み傘などを持ち歩いた方がよいようです。