関東甲信地方、6月29日に梅雨明けしました

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

民間の気象予報会社が予測していた通り、6月中に梅雨が明けました。何でも6月中に梅雨が異例とのことで、観測史上はじめてということです。いつもより期間が短いとなると、心配になるのが雨量です。ダムの貯水率などに大きく影響し、水不足となれば給水制限もかかります。今年はさぞ雨量が少なかったのだろうと思い、調べてみると例年の約80%ということです。昨年は例年の40%程度ということでしたから、記憶って曖昧なものです。
49b0dd69c3615a896a0a286f6efcd81d_m-columns1
気象情報などではたまに観測史上初という言葉が出てきます。文字通り、観測を開始してから初めての出来事ということですが、そもそもいつから観測しはじめたのでしょうか。こちらを調べてみたところ、戦後間もなくの1951年からでした。それよりも昔は観測データがないのです。推測でしかないのですが、過去には6月に梅雨明けしていたこともおそらくあったことでしょう。
夏の風物詩、かき氷
冷やし中華、はじめました
2018年も本格的な夏がはじまりました。今年の夏は平年よりも暑いと予測されています。「これだけ暑いのだったら、日当たりの良い屋根の上はどの程度、暑いのだろうか」と疑問に思う方もいると思いますが、決して屋根の上にはのぼらないでください。夏の屋根の表面温度は80℃を超えることあります。素手で触れば火傷しますし、暑さにビックリして落下するかもしれません。暑さに参ってしまい、熱中症になることもあります。暑い夏の屋根の点検も街の屋根やさんにお任せください。