錆びた金属屋根、塗装しても大丈夫!?

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

個人の性格なのか、錆に対するイメージの違いなのか、お客様の錆びた金属屋根に対する塗り替えにはさまざまな不安と期待を見ることができます。慎重派は「塗っても長持ちしないのでは」とお考えになりますし、楽観派や科学万能派は「錆止めを塗っておけば大丈夫でしょ」という方までさまざまな方がいらっしゃいます。
錆びた金属屋根
見た目はほぼ同じような錆び方でも塗れる時と塗れない時があります。まず、問題となるのが鋼板の厚さです。屋根材として流通している鋼板にはさまざまな厚さのものがあります。厚いものは錆びても、それだけ削りしろがあるので錆を落としても充分な厚みがあるので、強度の心配もしなくて済みます。薄いと削れる部分も少なくなりますので、持ちも悪くなるのです。
屋根の錆
錆止め塗料
めっき鋼板はめっきされた表面とその下の鋼板から成り立っています。このうち、めっきされた表面は錆を誘導する役割を持っており、めっき部分は鋼板が錆びないよう積極的に錆びていきます。この時点で水分などが断たれてしまえば、それ以上錆びることもなくなります。広範囲に錆びているといっても、表面だけ錆びている場合は塗り替えは可能です。錆びた部分の塗り替えは見た目だけでは決まらないというのが実状です。