遮熱効果は抜群だけど、白い屋根ってお家に似合うの?

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

晩夏が近付いているのに一向に収まる気配がないこの暑さ、観測史上初の最高気温も飛び出した2018の夏ですが、こうも暑いと太陽光を効率よく反射する遮熱塗料などが気になりますよね。太陽光の反射率が高い色として白が知られています。外壁では人気のある色の白ですが、屋根に塗るとしたらどうなのでしょうか。
屋根の下塗り
遮熱塗料サーモアイ
屋根というと瓦の人気が高かったためか、スレート(カラーベスト・コロニアル)などでもグレーや黒が人気色です。赤い屋根や緑の屋根もそれなりに認知されており、違和感を感じることは少ないと思います。そんな中で白い屋根って、どうなのでしょうか。見慣れるまではかなり違和感を感じられる方も多いと思います。世の中には自分のお家の屋根が全く見えないという方も存在し、そういった方は屋根の色は特に気にしないようです。
サーモアイ下塗り
サーモアイ下塗り
大きな建物の折板屋根では白いものも一般的です。金属屋根の個人宅では暑さ対策として白色に塗っているという方もおられます。遮熱塗料をラインナップの中にはどれも白が含まれていますし、今後は個人宅でも白い屋根が増えて行きそうな感じです。白い屋根が増えれば、都市部のヒートアイランド現象も緩和されます。