見分けがつかないくらい似ています、粘土瓦とその他の瓦(厚形スレート)

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根に使われる瓦には粘土瓦とセメント瓦やモニエル瓦と呼ばれるセメントやコンクリートから造られたものも存在します。粘土瓦は名称からも分かるように粘土、セメント瓦などは厚形スレートと呼ばれることからも分かるように薄いスレート(カラーベスト・コロニアル)と同じセメントを主原料としています。実はこれらは形状が似ており、見た目で見分けるのは困難なのです。
モニエル瓦
モニエル瓦
粘土瓦(素焼き瓦)
粘土瓦(素焼き瓦)
皆様は上の画像を見て、どちらがモニエル瓦で、どちらが粘土瓦と言えるでしょうか。画像では粘土瓦(素焼き瓦)の方が艶があるので粘土瓦っぽく見えますが、光の当たり方で見え方は全然、違ってきます。

外見であと差があるとしたら、粘土瓦の方が肌理が細かい見えるということでしょう。
漆喰の崩れ
モニエル瓦の漆喰の崩れ
漆喰の崩れ
粘土瓦の漆喰の崩れ
ほとんどの場合、どんな瓦でも漆喰を使って固定しています。したがって、経年で漆喰が崩れてくるという病状までいっしょです。屋根がよく見える立地のお家であっても地上から見たのでは細かいところまでは分からないのは当然なのです。

だからこそ、私達は屋根の上にのぼって、直接、目視で点検しているのです。「自分の家の屋根は瓦だということは分かっているけど、詳細な種類までは分からない」という方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。屋根材をしっかりと特定した上で必要なメンテナンスをご説明いたします。