水性・油性(溶剤)、屋根塗装に適している塗料はどっち

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「今年の夏は暑いというし、梅雨前に屋根塗装を」とお考えの方もいるのではないでしょうか。現在では屋根塗装という遮熱塗料が一般的になりつつあります。遮熱塗料も含め、屋根塗装用の塗料の多くは油性(溶剤)です。簡単にご説明しますと、塗料を大別すると水性と油性があり、水性はその希釈に水、油性はその希釈にシンナーが使われます。
屋根塗装中
環境面から言いますと、水性の方が有害な化学物質が少なく、臭いも少ないというメリットがあります。それらに対し、油性はシンナーで希釈するため、水性よりも有害な化学物質が多く、臭いも気になるというデメリットがあります。しかし、屋根塗装というと油性塗料を使うことがほとんどなのです。塗料の歴史からいうと、油性塗料の方が先輩で、水性塗料はまだまだ若輩者なのです。油性塗料の方が研究・開発の歴史も長く、それだけ実績も残しています。外壁の水性塗料が使われることが多くなってきましたが、雨風が直接当たる屋根は実績のある油性塗料が使われることが多いのです。メーカーも数多くの油性塗料をラインナップしています。
油性の遮熱塗料
パーフェクトクーラーベストカタログ
現在では「外壁塗装ならば油性も水性も耐用年数は変わらない」という意見が多数を占めます。では、屋根塗装はどうなのでしょうか。業界最大手の日本ペイントではこれに応えるように水性の屋根塗料「パーフェクトクーラーベスト」をラインナップしています。パーフェクトクーラーベストは水性であるだけでなく、紫外線による塗膜の劣化を防ぐラジカル制御、そして遮熱という機能を備えた製品です。臭いに敏感という方にお薦めできる水性の遮熱塗料なのです。