棟板金の飛散の犯人は貫板の劣化です


台風に限らず、強風の後によくお問い合わせをいただく屋根の被害が棟板金の剥がれ、落下、飛散です。屋根の頂上や角に設置されている棟板金が強風によって剥がされてしまうというもので、実際に被害にあった方は大きな音を立てて、落下してくるものですから皆様、かなり驚き、不安になるようです。
強風
「棟板金の飛散や落下」という言葉だけを聞くと、さも棟板金に問題があったように感じる方も多いでしょうが、実はその下(中)の貫板が原因であることがほとんどなのです。この貫板、棟板金が釘などで固定されている部分で木製であることがほとんどです。そのため、非常に水分に弱く、雨水が染みると劣化し、腐食していきます。雨水の浸入を防ぐために棟板金の継ぎ目や釘穴にはシーリング、貫板の側面には面戸(防水スポンジ)が備えられているのですが、釘が緩むとそこから雨水が浸入してきますし、屋根材との隙間もできて、そこからも雨水が入ってきます。耐用年数がどうしても短めになってしまう部分なのです。
剥がれた棟板金
樹脂製の貫板
現在では樹脂製の貫板があるので、街の屋根やさんでは棟板金交換の際、こちらをお薦めしています。価格は木製のものよりも高くなりますが、腐食しにくく固定力も衰えにくいのでコストパフォーマンスは圧倒的に高くなります。棟板金の耐用年数は10~15年程度と言われます。屋根塗装の際に塗装しておけば、さらに寿命を延ばすことも可能です。貫板も耐用年数が長いものにしておけば、メンテナンス費を抑えられるだけでなく、安心なのです。