時として屋根材は外壁材としても使われます


強烈な日差し、強風、雨、地域によっては雪と毎日、過酷な環境にさらされている屋根材。屋根材にはさまざまなものがございますが、いずれも「外壁材として使ったら、強い家ができそう」と考えたことはございませんか。最近では屋根はガルバリウムの金属屋根材、壁もガルバリウムの金属系サイディングという建物もありますが、屋根も壁も専用の部材として造られたものです。
ff297980e063ffbaacc085535e8fdb8e_s
5a93312d0567866fa8c716aec4568c7d_s
昔の蔵となると、瓦を外壁に用いたものもあります。漆喰の白壁と瓦の色が美しい外壁で「なまこ壁」と呼ばれるものです。見た目からして耐火性はバッチリだし、相当強そうな印象を受ける外壁です。こういった蔵を所有されている方は何とも羨ましい限りです。
48412366c6d93f0bbea0ce40cd7d510d_m-columns1
現代の建物で言いますと、ジンカリウム鋼板に自然石を吹き付けた屋根材を外壁に使ったものもあります。ただし、一般的ではなく、かなりレアなケースと言えるでしょう。また、屋根材であるスレートをそのまま外壁に使った建物もありますが、こちらも一般的ではありません。

建物の外部全てが大波スレートでできている工場というのも存在します。こちらは屋根・外壁ともすべて同じ建材ですが、一般的な住宅でないことが残念です。