3月1日は春一番の強風と大雨による建物被害にご注意を!

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

春の訪れを告げる春一番、2月28日から3月1日かけて各地でその春一番が吹くという予報が出ています。暖かくなるのは嬉しいですが、春一番は毎度のように強風と大雨をもたらし、それらによる建物被害を発生させます。貴方のお家は大丈夫でしょうか。
春一番到来
千葉県は全国でも風の強い地域で、千葉県の中でも千葉市やその周辺、特に東京湾の近くはかなり強風が吹く地域です。強風による建物被害で一番多いのが棟板金の飛散です。スレート(カラーベスト・コロニアル)屋根や金属屋根の頂上や角に取り付けられているのが棟板金で、屋根の端々に設置されているので強風をもろに受けます。固定している釘や固定されている貫板が傷んでいますと、固定力も弱まっていますから強風に負けて剥がれたり、飛んでいったりしてしまうのです。
強風で剥がれた棟板金
火災保険プラン
自然災害による建物被害、火災保険で直せることをご存知ですか。加入条件にもよりますが、春一番などによる強風被害もその対象です。本当は被害を受けないのが一番いいのですが、強風で被災してしまった場合は街の屋根やさんにご相談ください。火災保険への申請のサポートもしっかり行います。