建物の形状によっても地震に対する強さは変わります


地震に強い家に住みたいのは万人に共通の思いではないでしょうか。最新のお住まいは昔のものに較べれば、いずれもその耐震性能は高くなっています。こうした耐震技術だけでなく、単純に建物の形状だけでも、地震に強い・弱いがあることをご存知でしょうか。
平屋
2階建て
平屋と2階建て、どっちが安定して見えるかというと平屋ですよね。見た目が不安定な物はやはり揺れやすいということです。平屋よりも2階建ての方がより強固な造りが必要になってくるのです。低い建物より、高い建物の方が重心も高く、揺れやすいのは感覚的にも分かると思います。
安定感の違う家々
地震で倒壊した建物
面積が同じ長方形の建物と正方形の建物があったとします。この場合、地震に強いのは圧倒的に正方形の建物です。正方形の建物はどんな方角からの揺れであっても、ほぼ均等に力が分散されます。長方形の建物は長辺と短辺があり、長辺に横方向の力が加わると短辺では踏ん張りが効かないのでかなり揺れます。揺れの方角によって揺れ方が全く違うのです。

これから戸建ての新築や中古物件の購入を予定している方、ぜひ建物の形状にも注目してください。