平成30年7月豪雨についてこれから先、気をつけたいこと


たった数日間で7月の平均降水量の2倍の雨量があったという平成30年7月豪雨。西日本は先日の数日間、凄まじい豪雨に見舞われました。本当に凄い雨だったのでしょう。水浸しになった住宅地、土砂に流され橋脚だけになった高知自動車道と被災の様子はとんでもないことになっています。
水害
7月の平均降水量の2倍の雨量、これらは海に流れ込んだものもあれば、地中に浸透していったものもあります。地面が土の場合、雨が降れば泥濘、乾くまでは不安定となります。一体、どれだけの雨が地中に染み込んだのでしょうか。しばらくは地盤のゆるみも心配であり、普段は何でもないような雨が土砂災害などを引き起こす、弱震などでも危険といったことが続きます。雨が止んだとは言え、気をつけなくてはいけない日が続くのです。
曇天
台風後の水路
現在、日本の南の海上に台風8号が発生しています。非常に強い台風ですが、日本列島は近付かず中国方面に向かっていくようです。取り敢えず、この台風については安心です。そして、しばらくは晴天が続くそうですから、雨水の蒸発も進むでしょう。熱中症にもお気をつけください。