屋根塗装の色選び、何色で塗るのが正解?

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

スレート屋根やコンクリート瓦、セメント瓦の屋根などは屋根塗装が必要で、塗り替えによって自由に色を変えられます。これまでのお客様の傾向を見てみますと、「屋根はほとんど見えないからどんな色でもいい」という方と「せっかく塗るのだから好みの色にしたい」という方に分かれるようです。
白い瓦屋根
「屋根が全く見えない」、「ほとんど見えない」という方にお勧めなのが、遮熱性能に拘った色です。ご存知のように屋根塗装するだけでお部屋の温度を下げることができるのが遮熱塗料です。特にこだわりがないのなら、遮熱性能が高い色で塗るのがお勧めです。夏場は涼しくなりますし、光熱費を削減できますから、いいこと尽くめだと思います。遮熱性能が高い色というと「白」なのですが、「真っ白はちょっと」という方もおられるでしょう。そういった方はご相談ください。白以外で遮熱性能が高い色をご紹介いたします。
屋根塗装で人気の色グレー
コンクリート瓦に人気の茶色
屋根もお洒落に塗り替えたいという方は外壁とコーディネートした色を選びましょう。カラフルな色から重厚な色までさまざまなものが揃っています。街の屋根やさんでお客様に人気の色はやはり重厚な色の黒やグレーです。洋風なお家にお住まい方に人気なのがグリーンです。色褪せや汚れが目立たない色というとグレーになります。コンクリート瓦やセメント瓦の屋根の方は建材が重厚なので、ブラウンなどアースカラーをお選びになる傾向があります。街の屋根やさんは屋根の色選びに関してもご相談を受け付けております。お気軽にご相談ください。