千葉市中央区で屋根カバー工事をお考えならSGL鋼板の屋根材で

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

屋根の老朽化が進み、「これからが心配」という方にお薦めの屋根リフォームが屋根葺き替えや屋根カバー工法です。施工可能な屋根は限られますが、これまでの屋根の上に新たな屋根を被せる屋根カバー工法は廃材がほとんどでないので、工期も短く、費用もお安めな屋根リフォームです。
屋根カバー工法施工中
屋根カバー工法という使われる屋根材は金属、アスファルトシングル、ハイブリッド瓦です。屋根の上に屋根を被せる屋根カバー工法は重量が増してしまうので、軽い金属屋根材がお薦めです。金属、アスファルトシングル、ハイブリッド瓦のうち、最も軽いのは金属屋根材で、これまでは錆に強い熔融アルミ亜鉛めっきのガルバリウム鋼板を成型したものが使われていました。現在ではそのガルバリウム鋼板よりも強いSGL鋼板の屋根材が流通しています。
スーパーガルテクト
スーパーガルテクト
横暖ルーフ
横暖ルーフ
SGL鋼板は従来のガルバリウム鋼板のめっき成分にマグネシウムを加えたもので、このことによって塩害にも強くなり、耐用年数もかなり長くなりました。メーカーでもそれを裏付けるように保証地域が海岸から5km以上だったものが500mに短縮、保証期間が塗膜は10年から15年、穴あきがが20年から25年延長されているのです。SGL鋼板でお薦めの屋根材はスーパーガルテクト横暖ルーフです。お値段も旧製品とほとんど変わりませんので、耐久性の上では実質的な値下げということもできるでしょう。