屋根の疑問、ケラバ、破風、鼻隠しとは?

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

お家の屋根の修理の際や葺き替え、葺き直しの際の工事お見積書を見た際に「ケラバ」という単語を目にしたことはありますでしょうか。
他にも屋根の一部で使われている単語、破風板や鼻隠しなど、屋根に詳しいという方以外は、その単語がどういったものなのかわかるという方は少ないのではないでしょうか。
大事なお家の屋根の修理でよくわからないまま工事業者にお願いしてしまうのは危険です。
そこで本日は、ケラバ、破風、鼻隠しの基本的なことをご紹介したいと思います。
e80021c705d9787c3cf006dc989f2712-columns1
まずケラバ、破風、鼻隠しとは屋根材の一種ではなく、屋根の部分名です。
上記画像の雨樋が付いていない、白い側面が破風板、その上の瓦が乗せられているあたりをケラバと言います。
軒とはどう違うのかと思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
軒は、屋根の端の部分が地面に対し平行になり、ケラバは地面に対し傾いています。
ちなみに、軒先の先端には鼻隠しと呼ばれる板が取り付けられている場合もあります。
鼻隠しや破風は区別がしにくいと考えがちですが、雨樋の有無で区別することが可能です。
941d5ffcae56073f0dc5bd2a31cd8961
b565f4484b4cee0ee28f802c96eb6a7f
ケラバ、破風、鼻隠しにはどんな役割があるのかと疑問に思う方もいらっしゃるかと思います。
ケラバ、破風、鼻隠しには以下のような役割が存在します。

・屋根の耐風性
屋根は下から吹き上げてくる風に弱く、吹き上げてくる風に対しては屋根の自重と釘や接着剤の固定力が頼りになります。
そこで、破風板や鼻隠しはあることによって吹き上げてくる風を分散させることが出来ます。
・雨水の吹き込み防止
最近のお家はおしゃれなものが多く、屋根の出っ張りが少ないものが多いのですが、やはり、その分雨漏りを起しやすくなっています。
破風板や鼻隠しは雨天時に屋根と外壁の隙間から雨水が浸入してしまうのを防ぐ役割を果たしてくれます。

他にも、お住まいの美観や防火性、などさまざまな役割があります。
さらに詳しく知りたいという方は屋根の重要部分の補修方法を参考にしてみてください。

街の屋根やさん千葉中央店では、実際の工事の他にも、お家の屋根についての疑問やお悩みなどのご相談を承っております。
ご自宅の屋根で何かお困りごとがある方はお気軽にご相談ください。