夏、暑い家は屋根と天井に特徴あり


「夏も近付く八十八夜」という歌があるようにそろそろ夏の気配を感じる頃ではないでしょうか。立地や環境によっては、昼間はお部屋が暑いという方もいらっしゃると思います。夏の暑さと冬の寒さはお家の気密性や断熱材に大きく依存していると言われていますが、実は屋根と天井の造りにも大きく関係しているのです。
お洒落な勾配天井
勾配天井、聞き慣れない方もいると思いますが、屋根の面に沿った傾斜のある天井のことです。天井も高く、梁や垂木などの屋根の構造も見えるワイルドさが素敵な天井ですが、断熱性の上では普通の天井よりも低めです。通常の水平な天井の場合、天井と野地板の空間が断熱層となっており、そこで寒暖を緩和してくれます。それに勾配天井は断熱層となる空間がないため、ダイレクトに寒暖の影響を受けるのです。
吹き抜け
断熱塗料
2階以上の建物で玄関ホールなどが吹き抜けになっているお家、とっても素敵ですよね。こういった造りではその空間を明るくするためにガラスや天窓といった日光を透過する建材が積極的に使われます。冬の昼間は暖かいかもしれませんが、夏は結構な暑さになります。

勾配天井や吹き抜け、素敵な造りなのに寒暖でお困りであるというのならば、屋根リフォームなどの出番です。屋根に遮熱塗料や断熱塗料を塗る、天窓などを遮熱機能のついたものに交換する、シーリングファンなど設置するなど、快適にする方法はいくらでもあるのです。お家のお手入れだけでなく、住みにくさや不便さを解決するのもリフォームの楽しみの一つなのです。