地震後、屋根にのぼっては絶対ダメな理由


「台風中、水路を見に行く」、「台風中、港を見に行く」、おそらく農業関係の方や港湾でお仕事をなさっている方だと思うのですが、こうした行為によって行方不明になったり、命を落としてしまう方が毎年のように発生しています。性格的にまじめで放っておけないという意識がそうさせていると思うのですが、絶対にやめておきましょう。
台風後の水路
台風後の大波
台風や地震の後、所有しているお家や建物がどうなっているかはかなり気に掛かることだと思います。自分の目で確かめてみたいのは分かるのですが、絶対に屋根にはのぼらないでください。場合によっては近付くのも避けてください。台風や地震の後、屋根の上はどうなっているか分からないし、場合によっては屋根材などが落下してくる可能性もあります。
地震で倒壊した瓦屋根
屋根から瓦が落下するくらいの地震になりますと、瓦屋根の上は瓦がずれまくっており、いざ上ったとしても足を踏み出す場所もないくらいの状態になっています。しかも、割れた瓦、外れた瓦がそのままになっていますから、足元は非常に不安定です。さらに大きな地震の後には余震がやってきます。場合によっては余震や風によって、瓦が落下してくるので、近付くことさえも危険なのです。東日本大震災では私達も瓦がずれまくった屋根にはのぼりましたが、それこそいつも以上に慎重に作業をしました。上の画像を見て、この屋根を歩くこといかに危険なことかは誰にでも分かるはずです。