公共的なことから考えても屋根の定期点検は必要です


屋根のメンテナンスや定期点検をしていますか。2018年6月18日に発生した大阪北部地震ではブロック塀が崩れて犠牲者が出ました。地震や台風などの自然災害は避けることができません。屋根のメンテナンスというと資産や財産の保全という意味合いが強いのですが、公共的な視線で捉えても定期点検はしておいた方がいいのです。
通行できるような片付けられた瓦礫
通行できるような片付けられた瓦礫
千葉市の中心部は都市化が進んでおり、道路のすぐ横に建てられている建物もあります。そういった建物が被災し、屋根材が落下した場合、通行の妨げとなる可能性があります。貴方の所有する建物はそういった可能性はないでしょうか。可能性がある場合は定期的な点検をお勧めします。特に幹線道路に面している場合、緊急車両も通過するでしょうから、そういったことは避けなければなりません。
老朽化してそうなブロック塀
老朽化してそうなブロック塀
現代の街並み
道路から離されて建築される現在の街づくり
現在では法の整備も進み、建物は道路から最低○mは後退させるという外壁後退距離の規制があります。これは自治体によって異なります。問題はこういった規制ができる前の建築物です。こういった建物をお持ちの方はぜひ、定期的に点検し、必要なメンテナンスをしてあげてください。