台風シーズン前にベランダとバルコニーの排水口周りは清掃しておきましょぅ

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

数多くのお家に備え付けられているベランダやバルコニー、実は雨漏りの原因となりやすいことをご存知ですか。よく見てみると屋上と同じように四方を壁に囲まれていることが分かります。水捌けが悪いのです。この水捌けに気をつけなくてはなりません。できるだけ、水捌けをよくしてあげなければならないのです。水捌けをよくする方法は単純です。排水口周りを清掃し、詰まらせないようにするだけです。
広めのバルコニー
例えばですが、お部屋に漏水の心配がないとしたら、ベランダやバルコニーにはどれだけ水が溜められるでしょうか。ベランダやバルコニーの内側には防水の立ち上げの長さが決まっており、お部屋側で120mm以上、それ以外のところは250mm以上と決まっています。実際の建物でもそのように造られています。防水の立ち上げ以上に水は溜められませんし、風などが吹き、水面が波立つことを考えればその半分も溜められないでしょう。
バルコニーの植物
ベランダの人工芝
実際にはベランダやバルコニーに数cm水が溜まっただけでも雨漏りしてしまうこともありますから。水を溜めないようにしないといけません。ゴミや枯れ葉などで流れが悪くならないよう、常に清掃してあげましょう。最悪なのは床面などに敷いていた人工芝などのマットが劣化してしまい、ボロボロになって崩れて排水口を詰まらせてしまうことです。こういったマットは劣化などの兆候が見えたら、すぐに撤去してください。