バルコニーの床にマットを敷かない方がいい理由


バルコニーやベランダの床にマットなどを敷いている方、見かけることが多いですね。砂などの埃がマットに設けられた穴から下に落ちますから、表面は綺麗を保てますし、見た目もよくなります。敷きたくなる気持ちはよく分かるのですが、それがお家のためになるかというと、そうではありません。
劣化したベランダのマット
ベランダに敷かれたマット
ベランダの変色
片付けてみると床が2色に
手間がかかりますが、そのマットを剥がして、こまめに掃除するというのんなら、敷くのもありだと思います。敷きっぱなしにしてしまうと当然のことながら、床が乾きにくくなりますし、それによってカビなども生えやすくなります。製品の中には紫外線にもろいものも存在し、ある程度の年月で分解されて崩れてしまうものもあります。雨が降れば、崩れた欠片は排水口に流れ込みますから、詰まりの原因になります。
劣化で崩れたマット
劣化で砕けたマット
砕けたマットやゴミで排水溝が詰まりそう
砕けたマットとゴミで排水口が詰まりそう
住宅周りのさまざまな製品を作っているメーカーはバルコニーやベランダで敷かれて使われることを想定したマットやデッキ材も開発しています。こちらは排水性や砂などの埃の溜まり難さもも考えられており、さすがと思わせる製品です。バルコニーやベランダに敷くなら、こういった製品にしてください。トラブルの発生する確率がグッと抑えられます。