お家に重大な被害を招くシロアリの生態を知っておこう


世の中に害虫と呼ばれる虫は数多くいますが、建物にとっての一番の害虫と言えば、シロアリではないでしょうか。柱などを食い荒らされ、どんどん建物がもろくなっていくというのは悪夢以外の何者でもありません。自然界にはおいては朽木や倒木を素早く土に還す益虫だそうですが、建物も同じように扱うのはやめてほしいものです。
シロアリ被害
シロアリ被害 柱
シロアリは湿った木材を好むことが知られています。雨漏りが慢性化しており、湿った木材がある屋内はとても適した環境なのです。お家や建物などにシロアリを招かないためには換気をして湿気をためないことです。特に雨漏りを放置しておくのは大問題です。5年毎の防蟻処理も行うべきでしょう。シロアリ被害というと「いつの間にか…」という話をよく聞くのですが、予防は不可能ではないのです。
クロアリ
クロアリの巣
シロアリは見た目がアリに似ており、巣をつくりますから、アリの仲間と思っている方も多いと思いますが、実はゴキブリの仲間です。お庭などで見かけるクロアリは天敵で、シロアリを捕食します。お庭などにクロアリの巣がある場合、効果の程は分かりませんが、除去しない方がいいでしょう。シロアリ被害に遭われた建物は地震に弱くなるというデータもあります。シロアリを呼ぶ雨漏りなどは放置しない方が賢明なのです。