ゲリラ豪雨時の被害を少なくする雨水タンク


地表が舗装され、雨水の染み込むスペースが減ってしまったせいなのか、もしくは温暖化している地球環境のせいなのか、あるいはその両方なのか、近頃のゲリラ豪雨の被害は強烈です。道路はすぐ冠水しますし、鉄道も運行を控えたりします。経済規模で考えましても、かなりの被害が及んでいるのではないでしょうか。
ゲリラ豪雨
強烈な降雨に見舞われた際、それらが一気に下水などに流れ込み、処理能力を超えてしまうのが道路などが冠水する原因です。これらの雨水を一時的にでも溜めておき、処理能力を超えないよう流していけば、冠水などは起こりにくくなります。「一時的に溜めておくといっても」とお思いでしょうが、それに適した商品が昔からあることをご存知でしょうか。雨樋を流れてきた水を下水に流さず、溜めておく雨水タンクがそれに当たります。
雨樋
雨水を有効活用
雨水タンクはお庭に撒く水などを節約できるので、備えるだけでもメリットがあります。これが各戸建てのお家に普及したら、どうでしょうか。各戸建てを合計した貯水量は莫大なものとなり、道路が冠水することもかなり減るはずです。実は自治体ではこういった雨水タンクに助成金を出しているところもあります。気になる方は自治体のホームページなどを調べてみましょう。