エコな暑さ対策、グリーンカーテン


容赦なくお部屋の中に差し込んでくる日差し、外壁を温め続け熱帯夜の原因となっている蓄熱、これらを解消するために導入が続けられているのがグリーンカーテンです。東日本大震災による電力不足も普及が進んだ原因と考えていいと思います。春を迎えたということで、これからグリーンカーテンを作るべく、植物の育成に励む方も多いのではないでしょうか。
夏に向けてグリーンカーテン
グリーンカーテンはツルを持った植物を日差しを遮るように窓の周りで育てていきます。ツルがお家の付帯物、雨樋や桟に絡み付いてしまうと厄介ですから、そうならないよう張ったネットに沿って育っていくように剪定して上げなければなりません。実が付く植物ですと、それなりの重さになりますから、物干し竿やバルコニーの手摺りなど重量がかかっても問題がないようなところにネットを設置してあげましょう。
収穫されたゴーヤ
足場
グリーンカーテンで育てやすい植物と言われているのがゴーヤです。アサガオなど花を楽しむのもよいのですが、やはり収穫できるものとなると嬉しさも違います。ビタミンも取れますし、台風などで野菜が高騰した時にも役に立つこと間違い無しです。お子様がいるご家庭では観察日記やお部屋の温度変化といった夏休みの宿題にも最適です。

これから屋根リフォームをお考えの場合、足場を仮設する関係でせっかくグリーンカーテンを除去しないといけないことも出てきます。夏前に屋根リフォーム、そしてグリーンカーテンをお考えの場合、先に屋根リフォームを終えてから、グリーンカーテン造りをするのがよいでしょう。今、お申し込みをいただけばゴールデンウィーク前には工事も終わります。屋根リフォームとグリーンカーテンをお考えの場合はすぐにご相談ください。