「雨水浸透ます」をご存知ですか


一時的な多量の雨によって、下水が溢れる、道路が巨大な水溜りになってしまうのは都市構造の変化によるところも大きいと言われています。コンクリートやアスファルトに地表が覆われてしまったため、雨水が地下へと浸透せず、そのまま河川へ流れ込むことが増えたため、一気に増水し、結果的に溢れてしまうことになるのです。
河川の増水
泥濘がない道というのは非常にありがたいのですが、その結果、道路が冠水しやすくなっているというのは何とも皮肉な状態です。これではどちらが便利なのか分かりませんよね。河川に流れ込む雨水を減らし、地下に雨水を浸透させようと考えられたが「雨水浸透ます」です。文字通り、集めた雨水を地下へと浸透させ、河川に流れ込む量を減らすものです。
雨水浸透マス
階段の冠水
大都市などには道路の冠水を防ぐために水をくみ上げるポンプ場もあり、地下に大きな排水路が造られていることもあります。大変、大掛かりな雨仕舞いです。道路が冠水してしまうのは雨仕舞いができていない証拠でもあります。道路の冠水というと千葉駅前や蘇我駅前の悪名が高いのては全国的に有名ですが、今年から本格的な対策工事が予定されています。