千葉市若葉区でスレートから金属屋根材への葺き替え工事


本日ご紹介いたしますのは千葉市若葉区で行った屋根葺き替え工事の様子になります。普段あまり目にする機会がない屋根の状態ですが、気にならないだけで実際は日々少しずつ劣化していきます。屋根は紫外線や風雨の影響を受け続ける過酷な環境であることに加え、状態を常に把握することが難しいため突然トラブルに見舞われることがしばしばあります。だからといって普段からご自分で屋根に上って定期的に点検することは大変ですし、何より危険が伴います。また、素人目には分からない問題もあるので専門業者に定期的に見てもらうことをお勧めします。

スレート屋根は経年によって苔が発生したりひび割れが目立つようになります

20160704-1_1391
これから屋根葺き替え工事を行う屋根になります。ご覧の通り見た目的にもスレートのあちこちに茶色いものが発生してあまり状態が良いとは言えません。
この茶色いものは苔で、スレート表面の防藻性が失われてくると発生してきます。
20160725_5827
スレート自体もかなり劣化が進んでおり、表面には小さなひび割れが目立っておりました。多少の割れであれば補修して使い続けることも可能ですが、全体的に及んでいる場合は屋根材自体を交換する必要があります。

野地板、防水紙、屋根材の順で設置していきます

20160729_4700
古い屋根材を撤去した後、野地板を設置します。野地板とは屋根材の下の木材で、コンパネなどの合板を使います。屋根材が傷んでくると水分が入り込むので野地板も傷んでしまいます。今回も野地板に傷みが見られましたので、こちらも新しくいたしました。
20160729_4759
野地板の上からルーフィングといって防水紙を取り付けていきます。さらに上から屋根材を取り付けます。
(屋根葺き替え工事の詳しい工程についてはこちら

錆に強いジンカリウム鋼板の屋根材で葺き替え工事

20160729_1666
今回使用した屋根材はエコグラーニという金属屋根材です。見た目的には金属屋根材っぽく見えませんが、これは表面に自然石が張り付けてあるからです。また、金属には錆にくいジンカリウム鋼板が使われていることで、とても長持ちする屋根材でもあります。基材には30年の保証がついていることでも安心できますね!(エコグラーニについて詳しくはこちら
屋根材の設置が終わり、棟板金や雪止め金具などの役物を取り付ければ工事は完了です。スレートから金属屋根材に変わったので屋根自体の重量も軽くなり、建物への負荷も軽減したことで建物も長持ちしやすくなります。また、屋根が軽くなると地震の揺れによるダメージも少なくなるというメリットもあります。
街の屋根やさんではお住まいやお施主様のご希望にマッチした工事のご提案が可能です。これから屋根のリフォームをお考えの方はお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

八千代市八千代台北で雨漏りしていた横葺き金属屋根を葺き替えて立平葺きへ

横葺き金属屋根
立平葺き金属屋根
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
スタンビー455
築年数
築26年
建坪
88.0平方メートル(屋根)
保証
10年(屋根)
工事費用
施工事例

千葉市花見川区横戸町で小屋根と外壁の取り合いの改修と銅屋根葺き替えで雨漏り解消

屋根と外壁の取り合い改修前
屋根と外壁の取り合い改修後
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
軽量なんばん,銅板
築年数
不明(かなり長い)
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用