一部が飛散してしまった瓦棒屋根で雨漏り発生|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市若葉区のお客様より「2階の屋根が飛んでしまいシートを被せているのですが、雨漏りするので見に来てほしい」とご相談いただき、雨漏り調査を行いました。お客様に飛んでしまった屋根材とシートを被せている部分を見せていただき、梯子を使い屋根に上がります。瓦棒屋根は角材状の芯木が入っており、風に強い工法と言われていますが、経年の劣化により固定する力が低下し強風により飛散してしまったようです。お客様は雨天対策としてシートで養生を行っていましたが、シートは捲れており、確認するとルーフィング無い状態で野地板が露出しています。ルーフィングが葺かれていないと雨水が建物内部に浸入してしまいます。雨漏りが発生している部屋の上部になりますので、雨漏りの原因はこの部分で間違いありません。広範囲に渡りルーフィングが失われていますので、躯体の腐食に繋がる事から早期対応が必要になります。
DSC_6288_R
DSC_6217_R
調査を続けると錆の発生により穴が開いている部分を発見しました。瓦棒は雨漏りし難いと言われていますが、定期的にメンテナンスを行わないと錆が発生してしまいます。傷みが進行すると穴が開いてしまいますので、雨漏りに繋がります。このままですと、錆が拡大するとともに穴も拡がり飛散した部分以外にも雨漏りが発生する危険性があります。固定している釘も徐々に抜けてきているので、被害が拡大する前に屋根葺き替え工事をご提案しました。
d04463aae86e677d18dd1ce9e07fee62
670548918586dfa8afe6b8cce9853d49
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用