風害で飛散した棟板金|四街道市


四街道市のお客様より「強風で屋根の板金が飛んで落ちてきたので点検してほしい」とご相談をいただき、屋根調査を行いました。お客様に落ちてきたという板金を見せていただくと棟板金だという事が分かりましたので、早速梯子を使い屋根に上がります。屋根に上がると隅棟の棟板金が無くなっているのことを発見しました。大棟の板金も破損しています。棟板金は屋根材と屋根材が合わさる頂点部分を覆っています。新築時には棟板金の下地材となる木製の貫板を屋根材に固定し、その貫板に板金を被せて釘で固定されています。経年により劣化すると、板金や釘に錆が発生してきます。また、下地材となる貫板は木材ですので腐食してしまうと固定する力が低下してしまいますので、釘が徐々に抜けてくるので風害により飛散してしまうのです。
P4120030_R
DSC_6081_R
飛散した部分は、ルーフィングが露出していますので紫外線や雨水に長期間晒してしまうと、傷んでしまい穴が開いてしまいます。屋根は屋根材は勿論ですがルーフィングで雨水の浸入を防いでいますので、雨漏りが発生する前に早期対応が必要になります。棟板金が飛散する経緯としましては、釘が浮いてくると棟板金も同じく浮いてくるので風を受けるとパタパタと音を立て煽られます。その際に反りなどの不具合を起こし、風の影響を受けやすくなるため強風や突風が発生すると飛散してしまうのです。お客様には飛散した部分以外にも経年による劣化が見られ、釘が抜けている箇所もある事から全体的に固定する力が低下しているので隅棟だけではなく、全ての棟板金交換工事をご提案しました。
DSC_6082_R
P4120062_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用
施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P4120057_R

千葉市中央区のお客様より「近隣の方から屋根の板金が剥がれていると言われたので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレートの棟板金調査を行いました。棟板金には下地材となる貫板を屋根に固定し、板金を覆うのですが貫板は木製ですのでどうしても経...........

P4120069_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の板金が剥がれてしまって地面に落ちていた。屋根の状態が心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。最近、風の強い日が続きますが台風や強風の影響を受けてお問い合わせをい...........

DSC_6660_R

習志野市のお客様より「棟板金が剥がれているので見に来てほしい。どうやら貫板も腐食しているようです」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の棟板金調査を行いました。屋根に上がり棟部分を確認すると、棟板金が飛散しており、貫板が残っている状態です。...........