雨漏りの原因は破風板と軒天の腐食|千葉市緑区


千葉市緑区のお客様より「1階の天井から雨漏りがしているので困っている」とご相談をいただき、調査を行いました。雨漏り箇所にご案内していただくと、天井のクロスが捲れており周辺にも染みが出来ています。このままですと天井材が腐食してしまい、抜け落ちてしまう危険性があります。また雨水は躯体を伝っていますので、こちらも腐食してしまう危険性があり建物の崩壊にも繋がりますので早期対応が必要になります。天井以外にも南側の壁に染みが出来ておりクロスが剥がれていました。雨水は南側から浸入し、伝ってきている事が考えられますので、外へ出て南側から調査を開始します。
DSC_2066_R
DSC_2067_R
雨漏りが発生している部屋の方から梯子を使いあがっていくと、破風板が腐食して穴が開いているのを発見しました。軒天も腐食しています。この腐食している部分が雨漏りの原因という事が分かりました。破風板は切妻屋根のケラバ部分に取り付けられている板状の物を言います。耐風性の向上の役割をしていますが強風や突風などの風害の影響を受けやすい部分になります。また、破風板の多くは木材なので経年の劣化により腐食してしまいます。耐久性を保持するには、定期的に塗装などのメンテナンスを行い保護する必要があります。軒天も同様です。ですが腐食してしまった物に塗装をしても意味がありませんので、補修工事が必要になります。また、他の部分の破風板も劣化が進行していますので、お客様には雨漏りの原因を伝え、破風板補修工事、軒天張替え工事、錆びにくいガルバリウム鋼板での破風板板金巻き工事のご提案をしました。
DSC_2079_R
DSC_2091_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区鎌取町で重量物の落下で壊れた出窓の屋根部分を屋根カバー工法で復旧

仮補修した出窓の屋根部分
屋根カバー工法で補修
工事内容
屋根カバー工事
その他塗装
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
建坪
保証
工事費用
施工事例

千葉市緑区鎌取町で間違った工事による雨漏りを屋根カバー工法で解消

スレート屋根
横暖ルーフS
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
横暖ルーフS
築年数
31年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用