漆喰の剥がれは雨漏りに繋がります|四街道市


四街道市のお客様より「漆喰が剥がれている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。お客様に剥がれている部分をご案内していただくと屋根土が露出しているのを発見しました。漆喰は棟に詰められており、瓦と瓦を接着させ、雨水の浸入を防いだり、棟を固定する役割をしています。屋根土は漆喰の内側にあり露出してしまいますと雨水を吸収してしまいます。雨水を吸収すると建物内部へと水分が浸入し雨漏りに繋がる危険性がありますので早期対応が必要になります。
DSC_4603_R
DSC_4565_R
漆喰が劣化し、棟を固定する耐久性が低下してくると熨斗瓦のズレや落下などの危険性にも繋がります。棟は建物の他の部分と比較すると、強風や突風などの影響が非常に多い部分になります。台風などの強風や突風により崩れたり、地震などの揺れにも弱くなっていますので大変危険です。よって、漆喰が劣化すると雨漏りや棟の崩壊に繋がりますので早期対応が必要なのです。その他、屋根の傷みは瓦の割れがあります。こちらも風の影響により飛散したり、周囲の瓦と干渉し割れなどの被害を拡大させてしまう危険性があります。棟の歪みはさほどありませんでしたので漆喰詰め直し工事のご提案をしましたが、お客様は今後も長く住み続けるのでしっかり直して不安を無くしたいとの事でしたので、最終的に棟取り直し工事と瓦交換工事のご提案をしました。
DSC_4630_R
DSC_4614_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

20180131_180201_0012_R

屋根瓦の棟の漆喰が経年の劣化により剥がれてしまい、雨漏りの心配をしていた千葉市花見川区のお客様邸で棟取り直し工事を行っております。幸いにも現在雨漏りなどの被害は発生していませんが最近雨天が続いていますので油断は禁物です。棟の熨斗瓦などは既存...........

P5150043_R

千葉市中央区のお客様より「屋根の漆喰が傷んで割れている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は古くから建物の内装や外装に幅広く使用されている建材です。瓦屋根の棟部分にも使用されております。漆喰が...........

DSC_6226_R

千葉市若葉区のお客様より「屋根の漆喰に穴が開いているので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割や棟瓦と屋根瓦を固定する接着剤の役割があります。穴が開いているというのはどのような状態なのか...........