雨漏りに繋がるルーフィングの劣化|千葉市緑区


千葉市緑区のお客様より「屋根の板金が飛んでしまい雨漏りしないか不安なので点検してほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。棟板金は主に化粧スレート屋根に設置されており、屋根の頂点にあります。屋根材と屋根材が接合する山状の部分は、屋根材だけですと雨水の浸入を防げないので棟板金で覆って雨水の浸入を防いでいます。ですから、飛散してしまうと化粧スレートの下に葺かれているルーフィングが露出してしまい、紫外線や雨水などの影響により傷みが進行してしまいますので早期に棟板金の設置などを行わないと雨漏りが発生してしまいます。
P4120033_R
DSC_6082_R-1
こちらのお客様邸は築20年で屋根のメンテナンスは1度も行っていないという事なので、化粧スレートと化粧スレートの隙間から見えるルーフィングにはひび割れなどの傷みが見られます。また、棟板金の下地材も飛散した際に負荷が掛かったので化粧スレートが破損している箇所もありました。こちらも早期に対応する必要があるのですが、屋根塗装も剥がれており化粧スレートには苔やカビ、反りひび割れなどの不具合が顕著に見られますので、屋根自体のメンテナンスが必要になります。ルーフィングの経年劣化などを考慮し、お客様には「屋根葺き替え工事か屋根カバー工事を行う事で費用対効果も高く今後の雨漏りの心配もなく安心して生活できます。」と、ご提案しました。
f97de4f03ca0b049d4efa17f89d5f116
295a72a463b03e15e59c354c0bab8499
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........