雨漏りしているスレート屋根で見た間違った補修方法|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市若葉区のお客様から雨漏りについてのご相談を受けました。「雨漏りがはじまって他の業者に修理してもらったところ、一度はよくなったものの、またはじまってしまった」とのことです。直ったと思ったら、またはじまってしまった雨漏り、とてもご不安だと思います。しっかりと点検をして改善方法をご提案したいと思います。
築25年のスレート屋根
色褪せはありますが、何回か屋根塗装をしているようです。苔が生えている部分はありますが、築25年ということであれば、綺麗な屋根だと思います。遠めに見ている限りでは雨漏りするような屋根には見えません。ところが近付いて見てみますと…
変色した棟板金
シーリング材が詰められた板金
何故か棟板金の一部が激しく変色しています。金属製のアンテナでも設置されていたのでしょうか。それよりも気になる部分がありました。棟板金と屋根の隙間に大量のシーリング材が充填されています。雨水を浸入させないという意味では正解ですが、これでは中に入った雨水も出てこられません。
シーリング材で塞がれた隙間
棟板金
雨漏りというと雨水をいかに浸入させないかということが重要視されますが、実は浸入してきた雨水を建物内部に浸入させずに排出するということも同じように大事なのです。棟板金と屋根の隙間をシーリングで塞いでしまうのは排出口をゼロにしてしまうと同等なことなのです。これでは雨漏りしてもおかしくありません。築25年ということですから、屋根のスレートもそろそろ耐用年数を迎えます。屋根カバー工法による屋根リフォームが現実的な選択になるでしょう。

このように素人同然の修理をしてしまう業者が未だにいます。屋根の修理をする時は必ず屋根の専門業者にご依頼ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用