雨漏りが発生する前に防水工事|千葉市花見川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市花見川区のお客様より「陸屋根の防水工事を考えているので点検してほしい」とご相談をいただき、陸屋根の調査を行いました。お客様に以前のメンテナンスからどれくらい経過しているかお伺いしたところ、20年以上は経過しているとの事です。材料にもよりますが、一般的に防水材料の耐久性は10年と言われていますので劣化が進んでいる事が予想されます。梯子を使い屋根に上がると、防水塗料が劣化しておりクラックや下地の露出などの傷みが顕著に出ていました。陸屋根は防水処理が施されトップコートなどの塗膜で保護されていますが、塗膜は紫外線や雨の影響で劣化してしまいます。また、僅かに勾配が付けられていますが水が溜まりやすく排水性が低いので塗膜にダメージを与えてしまうのです。
DSC_0726_R
DSC_0744_R
陸屋根の建物は一般的に鉄筋コンクリート造りです。コンクリートは水分が浸み込みやすいので、内部へと浸み込んでしまうと天候の変化や気温の変化などの影響を受け乾くまでに膨張と収縮を繰り返します。その為、コンクリートに負荷が掛かるので内側からひび割れてくるのです。そして徐々に大きくなり表面がひび割れてしまいます。ひび割れの傷みが更に進行するとコンクリートの材料である砂利などが露出してしまい、雨水が建物内部へと浸入してしまいます。浸入した雨水が原因で躯体が錆びてしまい建物の強度の低下にも繋がります。こちらのお客様邸は雨漏りは発生していないとの事ですが、現在の状態を考慮すると雨水が内部へと浸入している可能性が非常に高いので早期に防水工事を行なうようご提案しました。
DSC_0734_R-1
DSC_0736_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

防水層の剥がれアップ

「バルコニーの防水層が剥がれてしまったようだ」と千葉市緑区のお客様からご相談を承りました。何でもバルコニーの雨水蛾を流す排水路の部分の表面が剥がれてきて、下地が見えているところが出てきたそうです。雨に塗れても平気ということからバルコニーは強...........

20161003_8767

本日ご紹介いたしますのは四街道市で行ったウレタン防水工事の様子です。お問い合わせは雨漏りで、一階の天井から雨漏りしていることからの調査のご依頼でした。雨漏りの原因を確認したところ、雨漏りしているお部屋の二階部分にはバルコニーがあり、そこから...........

DSC_2669_R

四街道市のお客様より「10年前に陸屋根の防水塗装をしたのですが、そろそろ塗り替えようかと思っているので調査してほしい」と、ご相談をいただきました。陸屋根は三角屋根と比較すると勾配が無い為、水捌けや排水が悪く屋根の上に雨水が滞留しやすい造りに...........