雨漏りが発生する前に谷板金交換|習志野市


「瓦屋根の点検をしてほしい」とご相談をいただいた習志野市のお客様邸で調査をしていたところ、谷板金に錆を発見しました。谷板金とは屋根に設置されている板金で屋根と屋根の面が接合する凹んだ部分で、谷の形状になった部分に設置されている板金の事を指します。また、この谷を雨水が流れるので谷樋とも呼ばれています。屋根の上は、普段の生活では見えにくい部分になります。その見えにくい屋根の上において谷板金は更に見えにくい部分になります。ですから、屋根の上に上がって点検しないと状態が確認できないのです。
DSC_6459_R
DSC_6437_R
ちょうど、瓦から雨水が落ちる部分が錆びの発生の元になっています。谷板金は金属製で雨水の通り道になりますので、どうしても経年により錆などの傷みが発生してしまいます。錆が進行し、穴が開いてしまうと屋根の内部から建物内部へと雨水が浸入し雨漏りに繋がります。確認し難い部分ですので、雨漏りが発生してから谷板金の傷みに気が付くことも少なくありませんので、定期的に確認するよう心掛けてください。交換する際には、腐食し難いガルバリウム鋼板で新規に交換する事を推奨します。屋根材によく使用される「トタン」と比較すると条件にもよりますが約4倍の耐久性を発揮します。トタンよりも錆び難く耐久性も約25年と非常に優れた建材だからです。ですから、お客様には雨漏りが発生する前にガルバリウム鋼板での谷板金交換工事をご提案しました。
DSC_6438_R
DSC_6460_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........