雨漏りが発生する前に漆喰詰め直し|千葉市緑区


千葉市緑区にて漆喰詰め直し工事を行なっています。こちらのお客様は強風の吹いた翌日に地面に漆喰が落ちている事に気が付きお問い合わせをいただきました。漆喰が剥がれてしまい葺き土が露出していますので、雨水が染みこんでしまうと建物内部へと浸入し雨漏りに繋がりますので早期対応が必要です。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割の他、瓦と瓦を固定する接着剤の役割も担っています。棟の状態が心配されましたが、幸いにも棟の歪みはありませんでした。ですから、棟に歪みが無い場合は既存の漆喰を剥がして新規の漆喰を詰める漆喰詰め直し工事を行います。
DSC_4597_R
DSC_4602_R
漆喰は「なんばん漆喰」を使用します。なんばん漆喰は従来の漆喰と比較すると軽量骨材を使用していますのでかなり軽量です。また、特殊なシリコンを配合しており吸水率も低減されていますので防水性能も高くなります。既存の漆喰を全て撤去した後に、丁寧に漆喰を詰めていきます。その際、漆喰を塗りすぎてしまうと雨が降った時に熨斗瓦と熨斗瓦の継目から雨水が外側へ流れずに内側へと浸入してしまい雨漏りの原因になってしまいます。多く詰めれば棟の固定も安定し雨水が浸入し難いだろうと思われる方も少なくありません。最適な量の漆喰を詰め直して工事は終了です。高耐久・高防水のなんばん漆喰で詰め直したお客様邸は雨漏りの心配も解消されました。
ed18d0cce9279ea7895fa87fcaa504cc
6e39a0133207115e60ae12d3331ad732
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_1475_R

千葉市緑区のお客様より「庭に漆喰の様な物が落ちていたので、屋根を点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。梯子を使い屋根に上がると、隅棟の鬼瓦周辺に漆喰が落ちています。隅棟の所々に割れや剥がれが見られます。漆喰は瓦と瓦と...........