雨水を吸収しやすくなるスレート|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市緑区のお客様より「屋根の苔が増えてきたので塗り替えた方が良いか点検してほしい。」と、ご相談をいただき化粧スレート屋根の調査を行いました。屋根の上は苔やカビが繁殖しておりオレンジ色になっています。また、苔と言えば緑色をイメージされる方も多いと思いますが白い苔もあります。苔やカビは湿気の多いジメジメした場所だけではなく屋根の上にも発生するのです。化粧スレートは塗装で保護されており防水性や耐久性などを保持している訳ですが、様々な天候や四季の寒暖の影響で保護機能が経年により低下してきます。防水性が低下する事で化粧スレートが雨水などの水分を吸収しやすくなり、水分を含んだ状態が続いてしまうと苔やカビが発生してしまうのです。
DSC_6086_R
P4120074_R-1
塗装は経年劣化してくると、チョーキング現象が発生し手で触ると粉状の物が付着するので塗り替え時期を知らせてくれます。外壁のような普段から触れるような場所であれば定期的に確認できるのですが、屋根の上は梯子などを使わなければならず高所になり危険ですので下から見上げて色褪せていたら、苔やカビが発生する前に私たちにご相談下さい。苔やカビが発生している屋根は、前述の通り防水性が低下しているので雨水をはじく効果はなく、反対に吸収しやすい状態ですので耐久性の低下にも繋がります。ですから、苔やカビ、その他の汚れを高圧洗浄で丁寧に全て除去してから塗り替える事をお客様にご提案しました。
P4120079_R
P4120074_R-1
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市緑区で軽量シルガードを使用し棟瓦取り直し・漆喰(しっくい)詰め直し工事

千葉市緑区 棟取り直し工事前
千葉市緑区 棟取り直し工事後
工事内容
棟瓦取り直し
漆喰詰め直し
使用素材
軽量シルガード
築年数
25年
建坪
保証
工事費用
施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........