雨水の浸入を防ぐ土居熨斗瓦のずれ|四街道市


四街道市のお客様より「瓦が外れているので見に来てほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。お客様にご案内していただき該当箇所を見ると1階壁際の土居熨斗瓦が外れているのを発見しました。土居熨斗瓦は、外壁と屋根との取り合いに設けられているを指します。雨天時に雨が外壁を伝い流れてきた際に下へと流す役割をしております。その為、建物内部への雨水の浸入を防ぐ大変重要な部分になります。このままですと瓦が落下し怪我をする事や、雨漏りの発生に繋がりますので早期対応が必要です。
P6030017_R
P6030021_R
外れている土居熨斗瓦の周辺には葺き土が落ちています。原因としては雨水が葺き土に浸透し、固定する力を低下させ、風雨や地震などの揺れの影響により徐々に内部より崩れてしまい瓦のズレが生じてしまったのです。お客様には外れてしまった原因のご説明をして部分だけ納めるのではなく、今後ご安心して生活していただくために土居熨斗漆喰取り直し工事のご提案をしました。
P6030032_R
P6030029_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

IMG_5505

「周りに緑が多く、屋根の瓦の下などに毎年のように巣を作られてしまうので何とかしてほしい」と八千代市保品のお客様からご相談を承りました。詳しくお話を聞きますと、瓦と軒の間を塞いでいる面戸が壊れてしまって鳥の侵入を許すようになってしまったそうで...........