雨樋の裏のカビ、鼻隠しや軒天の腐食を招きます|千葉市若葉区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市若葉区のお客様から「雨樋の裏にカビが生えてしまい、見た目が悪くなって困っている」とご相談をいただきました。何でも「モップなどで届く範囲はこまめに掃除していたのだが、すぐに生えてきてきりがいない」そうです。最近はほとんどの雨樋にそういったカビが生えてしまい、掃除することは諦めたということでした。
雨樋の裏面のカビ
点検に訪れますと、確かに雨樋の裏にカビが生えています。梅雨時期やお家の北側なとで雨樋の裏側に一時的にカビが生えることはありますが、拭きとっても何度も生えてくるというのは非常に良くない兆候です。雨樋が慢性的な排水不良を起こしており、溢れた水が雨樋の裏側まで伝わり、カビの原因となっているのでしょう。
軒の腐食
軒の腐食
雨樋から溢れた水がごく少量で裏面にカビを発生させるだけならいいのですが、こういった場合、その雨水は軒や鼻隠し、軒天などにも伝わっていきます。それが雨の度に起こるようになると、そのうち軒や鼻隠し、軒天が水分を帯び、腐食してしまいます。こちらのお家でも腐食が始まってる部分がありました。
雨樋の裏のカビ2
お客様からお水をもらい、簡易的に雨樋の排水テストを行いました。堅樋や集水枡のある方に流れていかず、そのまま滞留しています。お家のほとんどの雨樋の裏面にカビが生えていることから、もともとの勾配が緩めで、それがさらに強風で緩くなってしまったのでしょう。雨水が雨樋にしっかり収まるように屋根との距離を調整し、正常な勾配にしなければなりません。昨今はゲリラ豪雨などで降水量も多いですから、雨樋交換をするなら容量の大きいもの変えるのもいいでしょう。

同様の病状が出ている方、早急に対応しないと軒天や軒、鼻隠しなどを腐食させてしまうことを覚えておいてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........