千葉市緑区で雨樋の不具合、排水不良は鼻隠しや軒天を腐食させる原因です

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

ほとんどの建物だけでなく、カーポートなどにも備えられている雨樋。これは建物にとって、とても重要な部品であることを示しているのではないでしょうか。雨樋という雨水を下水に排出する装置くらいにしか考えていない方もおられますが、実は建物を保護するためにかなりの重要な部材なのです。建物を守りながら雨水を下水に排出していると考えた方がいいでしょう。
雨樋の裏のカビ
降雪によって固定していた金具が変形してしまい、うまく排水できなくってしまった雨樋です。詰まりなどはないのですが、ちょっとした雨量でも雨水が溢れるようになってしまいました。その結果、現在では雨樋の底の裏面に苔やカビが発生してしまいました。ここから病状はどんどん悪化していきます。
鼻隠し
軒天
まず注目して欲しいのが鼻隠しの部分です。ここにも雨水が頻繁にかかるようになってしまったらしく、雨樋の底の裏と同じように苔やカビが発生しています。そして、次に注目して欲しい部分が軒天の部分です。ここにも雨水が伝わってきますから、同じように苔やカビが発生しています。

いつまでも乾燥せずに苔やカビが発生してしまうのは建材にとって悪い状態です。塗膜にも悪影響を及ぼします。こんな状態が長く続けば、塗膜は剥がれてきて雨水が直に染み込むようになり、やがて鼻隠しと軒天は腐食してしまうでしょう。数ヶ月でダメになると言わないまでも数年経過すれば腐食が進み、鼻隠しと軒天の交換を強いられるでしょう。雨樋の重要さを分かっていただけたでしょうか。台風などの後は傷や壊れた部分をチェックするだけじゃなく、こういった部分も点検してあげてください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........