雨に弱いセメント瓦は定期的に点検を|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市中央区にて「1階の屋根の瓦にひび割れを見つけた。2階の瓦も心配なので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の調査を行いました。瓦はセメント瓦です。瓦は様々な種類がありますがセメント瓦は日本瓦と比較すると軽量ですが、スレート瓦と比較すると重量は重くなります。耐久性は日本瓦が100年と言われているのに対しセメント瓦は30年程ですが屋根材の中では耐用年数は高い方です。しかし、主成分がセメントなので防水性がなく雨水などの水分の影響により耐久性が低下してしまいます。そして、耐久性が低下するとお客様が発見したようにひび割れなどの不具合が発生するのです。
DSC_6215_R
DSC_6525_R
2階の屋根の状態を確認すると、瓦が割れているのを発見しました。お客様に雨漏りが発生していないか確認したところ、発生していないという事です。ですが、安心はできません。現在はルーフィングで建物内への雨水の浸入を防いでいますが、いつ雨漏りが発生するか分からない状況だからです。

まずはお客様にご説明し、部分的に瓦の差替えを行いました。他の箇所も含め、屋根全体の瓦が経年によりひび割れなどが見られ、ルーフィングの劣化も懸念されるので、お客様には屋根葺き替え工事のご提案をいたしました。
DSC_6525_R-1
DSC_6222_R-1
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........