隙間を埋められた瓦屋根から雨漏り|千葉市中央区

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市中央区のお客様より「雨漏りしているので見に来てほしい。」と、ご相談をいただき調査を行いました。5年程前にも雨漏りが発生したとの事ですが、当時依頼した業者が瓦と瓦の隙間をコーキングで埋めて処理をしたそうです。お客様に場所を確認し、屋根に上がると東側の面だけがコーキング材で隙間が全て埋められていました。これは、間違ったラバーロック工法です。ラバーロック工法は、主に瓦屋根に施工されますが全ての隙間を埋めるのではなく、瓦の山の左側と下部分の角部のみをL字型コーキング材で処理するのが正しい施工方法です。雨水が浸入した際に、本来なら排水される隙間がないので逃げ道が無くなり、躯体などを伝い内部へと浸入し雨漏りの原因となっているのです。
P2060076_R
P2060088_R
また、瓦が歪んでしまうと隙間が大きくなりズレが生じてしまいます。瓦は陶器やセメントでできていますので歪むといったイメージが無い方もいらっしゃると思いますが、瓦は太陽光や紫外線などによって歪んでしまいますのでズレを防止する為に施工する事が目的です。正しい施工方法なら台風の被害が多い地域や地震対策に有効ですが、隙間を全て埋めてしまう間違った施工方法は雨漏りの原因になりますのでご注意下さい。調査を続けると棟瓦にも隙間やズレが生じ、棟自体が歪んでいました。棟が歪んでいるという事は、棟の土台となっている葺き土や漆喰の劣化が考えられます。固定する力が弱くなっていますので強風や地震の揺れなどで崩れる危険性があります。瓦屋根の不具合は様々な被害をもたらします。雨漏り復旧を早期に対応する必要がありますので、ラバーロックをされてしまった屋根面は部分的に葺き替え工事を行い、棟部分は棟の取り直し工事を行う事をご提案しました。
P2060085_R
P2060090_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。