防水性を保持するためには定期的に屋根塗装を|千葉市緑区

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

千葉市緑区のお客様より「屋根に苔が生えているので見に来てほしい」とご相談をいただき、化粧スレート屋根の調査を行いました。軒先に苔が生えており、お家が古く見えるのでお客様は悩んでいたそうです。前回、屋根塗装を行ったのが12年前という事で塗り替えを考えていたところ、気が付いたら苔が拡がってしまったということです。化粧スレートが塗装で保護されていれば防水性を保持しているので苔は繁殖し難いです。しかし、経年により紫外線や風雨などの影響で屋根の塗装はどうしても傷んできてしまいますので、防水性が低下して雨水などの水分を化粧スレートが吸収してしまいます。そして、含水状態が続くと水分を好む苔が発生してしまう環境が出来てしまうのです。
P5010010_R-2
DSC_6284_R
防水性が低下している屋根は同時に耐久性も低下していますのでご注意ください。雨水を吸収し、膨張した化粧スレートは太陽光などにより乾燥され収縮します。その際、化粧スレートに動きが生じますので負荷が掛かります。この動きを繰り返し行う事で化粧スレートに割れや反りなどの傷みが出てきます。軽度なひび割れや反りでしたら、コーキング材で補修したり塗装で保護する事で耐久性の保持ができますのでご安心ください。屋根の上を定期的に確認していれば、傷みが進行する前に塗り替える事ができますが、屋根の上は高所になり危険ですのでそのようなわけにはいきませんので、屋根の色褪せなど違和感を感じましたら私たち街の屋根やさん千葉中央店にお気軽にお問い合わせください。お客様には、屋根の状態をご報告し屋根塗装工事をご提案しました。高圧洗浄で丁寧に苔や汚れを落とし、塗装で保護する事で防水性や耐久性、美観の保持ができる事でしょう。
DSC_6307_R
8abb24975292ba53b2d4ac1919d15655
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

275364c889657019dd9c3acb3a5c601c

八千代市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。「強風により瓦が割れたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただきました。屋根に上がるとケラバ瓦が割れています。ケラバ部分は釘などで固定されているのですが、割れてしまい落下し...........