軒天の剥がれと穴は雨漏りに繋がります|船橋市

【台風21号、台風24号で被災された方へ11/16更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

船橋市のお客様より「強風で軒天が剥がれて飛ばされてしまった。修理したいので見に来てほしい。」とご相談をいただき、軒天破損の調査を行いました。軒天とは、屋根の軒先の裏部分で屋根や外壁と同じく、風雨の影響でどうしても劣化してしまいます。お客様の建物の軒天は元々剥がれており、補修を検討していた矢先に強風の影響で飛散してしまい、開口部ができてしまったそうです。一昔前の軒天はベニヤ板などの木材を使用しているので、定期的に塗装で保護をしていないと雨水や湿気などの影響で耐久性が低下してしまい素材が弱くなってしまいます。釘で留めているのですが、素材が弱くなると釘は残ったままで軒天だけ飛散するケースが殆どです。
P4120011_R
DSC_6094_R
軒天は屋根の裏側にあるので、開口部からは雨水が入らないと考える方もいらっしゃると思いますが、風の影響で吹き込んでくる場合もあります。雨水が浸入すると雨漏りが発生するのは勿論の事、躯体の腐食にも繋がりますので早期対応が必要になります。また、鳥が巣を作ってしまうケースもあり糞害の影響でカビが発生したり建物内部を傷めてしまいますので放置してはいけません。躯体や軒天内部を確認したところ、腐食等の不具合は見られませんでしたので補修工事は軒天だけで済みそうです。ですから、お客様には既存の軒天をカバーする工法での補修工事をご提案しました。
P4120021_R
P4120016_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

こちらは窯業系サイディングの外壁

千葉市のお客様から「強風で被害を受けた知人の家を見てほしい」とご依頼がありました。知人の方を紹介してくれるということはそれだけ弊社を信頼してくれたということであり、とても光栄なことです。その知人の方のお家は千葉市若葉区にありました。何でも強...........

P2160099_R

千葉市稲毛区のお客様より「軒天が壊れているので必要な工事を教えてほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。軒天は屋根が外壁より飛び出している箇所の裏側部分を指します。お客様に破損部分をご案内していただくと、2階の軒天の角部分が2箇所破損...........