軒天の剥がれ、張替えかカバー工法で綺麗にできます|千葉市若葉区


千葉市のお客様から「強風で被害を受けた知人の家を見てほしい」とご依頼がありました。知人の方を紹介してくれるということはそれだけ弊社を信頼してくれたということであり、とても光栄なことです。その知人の方のお家は千葉市若葉区にありました。何でも強風で軒天のベニヤ板が剥がれだし、部分的に飛散してしまったそうです。
軒天の剥がれ
軒天の表面の飛散
お話の通り、軒天の表面が剥がれだし、垂れ下がっているところもあれば、一部、飛散してしまったところもあります。おそらく以前から剥がれだしており、強風が吹いたことで煽られてこうなってしまったのでしょう。ベニヤ板は薄くスライスした板を繊維方向を変えて張り合わせ、多層にしたものです。したがって縦の力にも、横の力にも強いのですが、接着剤で張り合わせているため、湿気や水分を含むとその接着力が停止化してきて剥がれてしまいます。

修理方法としてはこれまでの軒天を撤去して新しいものへと変える張替え、これまでの軒天の上に新たにケイカル板を張るカバー工法があります。このままにしておくと、完全に剥がれきるか、部分的に穴が開き、屋根裏へ鳥や小動物が侵入する通路ができしまいますから、早めに補修したいところです。
モルタルの外壁
こちらは窯業系サイディングの外壁
こちらのお家はモルタル外壁とサイディング外壁の部分があります。軒天よりも重症なのがこちらの窯業系サイディングでした。ボードとボードの継ぎ目に大きな隙間ができてしまっています。強風の前はこんなことになっていなかったということです。こちらもサイディングがすでに反っており、釘やフックでそれを抑えつけていたのでしょう。強風に煽られたことにより、反っていく力に耐え切れず隙間が出来てしまったと思われます。同じものの在庫が残っていれば部分的に張り替えも可能です。無い場合も厚みなどの規格が同じであれば、部分的に張りかえられますが、ちょっと見栄えは悪くなります。

どちらかというと、こちらのサイディングの方が緊急性は高いでしょう。強風、豪雨の後はお家の点検をして、ちょっとした変化も見逃さないようにしてあげてください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

習志野市で強風により剥がれた軒天化粧ベニヤを張替!タフモックで棟板金の下地も補強

軒天の剥がれ点検
軒天張替工事
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟板金交換
使用素材
軒天用化粧ベニヤ 樹脂製貫板タフモック
築年数
築40年以上
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

強風により飛散した棟板金の交換工事|千葉市若葉区

DSC_4121_R-1
P1060049_R
工事内容
棟板金交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

P4120021_R

船橋市のお客様より「強風で軒天が剥がれて飛ばされてしまった。修理したいので見に来てほしい。」とご相談をいただき、軒天破損の調査を行いました。軒天とは、屋根の軒先の裏部分で屋根や外壁と同じく、風雨の影響でどうしても劣化してしまいます。お客様の...........

P2160099_R

千葉市稲毛区のお客様より「軒天が壊れているので必要な工事を教えてほしい」とご相談をいただき、調査を行いました。軒天は屋根が外壁より飛び出している箇所の裏側部分を指します。お客様に破損部分をご案内していただくと、2階の軒天の角部分が2箇所破損...........