谷板金が錆で傷んでいると雨漏りに繋がります|四街道市

【台風21号、台風24号で被災された方へ12/8更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順次対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

四街道市のお客様より「玄関の天井が雨漏りして困っているので調査をしてほしい」とお問合せをいただきました。以前から雨漏りが発生していたようで、天井だけではなく壁にも影響が出ており染みが出来ていました。雨漏りと聞くと屋根が原因だと想像する方が多いと思いますが、建物の状態や環境により異なります。外壁や窓枠などから雨漏りが発生する可能性もありますので入念な調査が必要になります。雨漏り発生箇所は天井ですので、小屋裏の状態を確認すると雨水が乾いてなく濡れている部分を発見しました。調査前日は雨天だった為、前日浸入した雨水がまだ残っていました。このように雨漏りが発生している場合は、小屋裏の状態を確認する事で、漏水箇所が早期に発見できます。漏水しているのは1階屋根部分という事が分かりましたので梯子を使い屋根に上ります。屋根に上ると、漏水箇所の上部には谷板金がある事が分かりました。
PA180089_R
DSC_3834_R
谷板金は、経年の劣化により錆が発生しており、傷みがかなり進行しています。建物は塗装などで保護されていますが、板金も例外ではありません。日々、日光や雨水などに晒されている為、経年と共に塗膜が剥がれ錆が発生してしまいます。谷板金周辺の瓦を剥がすと、錆びた板金が粉々になっているのが分かりました。谷板金の立上り部分が錆びてしまい、本来は雨水の浸入を防ぐ為に壁の役割をしているものが崩壊している状態です。この立上り部分が1階玄関の天井小屋裏の雨漏り発生箇所の位置と一致する事から、谷板金の経年劣化により雨漏りが発生している事が確認できました。漏水箇所と原因をお客様に説明し、必要な工事として谷板金交換工事をご提案しました。
PA180008_R
PA180011_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-989-936にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

雨漏り修理、屋根カバー工事|千葉市緑区

千葉市緑区 屋根カバー工事前
千葉市緑区 屋根カバー工事後
工事内容
屋根カバー工事
雨漏り修理
使用素材
横暖ルーフS(ガルバリウム鋼鈑)
築年数
築40年
建坪
保証
10年
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

四街道市で台風の影響により捲れた、屋根飾り煙突の板金交換工事

DSC_6977_R
工事完了
工事内容
その他の工事
使用素材
築年数
25年以上
建坪
保証
0年
工事費用
施工事例

四街道市でスーパーガルテクトによる葺き替え工事とラジカル制御型塗料での屋根塗装実施

スレート屋根の葺き替え前
スーパーガルテクトの葺き替え完了
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
屋根塗装
使用素材
大屋根:スーパーガルテクト(Sシェイドチャコール) 下屋:ファインパーフェクトベスト(ダークグレー)
築年数
築35年
建坪
保証
葺き替え10年 塗装10年
工事費用