詰め増しできない棟の漆喰|千葉市中央区


千葉市中央区のお客様より「屋根の漆喰が傷んで割れている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は古くから建物の内装や外装に幅広く使用されている建材です。瓦屋根の棟部分にも使用されております。漆喰が割れたり剥がれたりなどの不具合を起こしてしまうと、不具合箇所から雨水が浸入し、雨漏りに繋がります。雨水の浸入を防いだり、瓦と瓦を固定している接着剤の役割を担っていますので不具合が発生すると棟のずれや崩れに繋がり、屋根を傷めてしまいます。
P5150041_R
P5150043_R
漆喰が傷んだ場合に必要な工事は漆喰の状態により異なります。漆喰は熨斗瓦と熨斗瓦の継目からの雨水の浸入を防ぐ為にも使われています。熨斗瓦から外側に向かうにつれ、雨水が漆喰を伝う頻度が高くなり、建物内部へと浸入する危険性が高くなるのです。

漆喰が土台となり、
棟を固定しているため、熨斗瓦と同じ幅になるくらいまで詰めた方が良さそうな気もしますが、熨斗瓦の内側に納まるように施工します。それにはしっかりとした理由があるのです。既存の漆喰の上に重ね塗りをする詰め増しもありますが、重ねれば重ねるほど熨斗瓦の幅に近くなってくるため、雨に濡れやすくなり、雨漏りのリスクが高まります。こちらのお客様邸の漆喰もこれ以上重ねてしまうとやがては雨漏りに繋がります。調査の結果、隅棟の4本のうち、1本の漆喰が傷んでいました。棟瓦の部分取り直し工事が必要です。棟取り直し工事は棟を一度、取り外して新たに漆喰を詰め直しますので、雨漏りの不安も解消されます。
DSC_6541_R
DSC_6556_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八千代市八千代台南でガイドライン工法による棟取り直しで屋根を軽量化

太陽熱温水器ありの棟取り直し前の瓦屋根
棟取り直し後の瓦屋根
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
乾式面戸ハイロール,パッキン付きステンレスビス
築年数
築25年
建坪
保証
無し
工事費用
約32万円
施工事例

四街道市みそらでガイドライン工法による棟取り直しで瓦屋根を軽量化

棟の面戸の漆喰が劣化
乾式工法で取り直された棟
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
樹脂製芯木,ハイロール
築年数
築22年
建坪
保証
無し
工事費用
約45万円
施工事例

八街市吉倉で瓦屋根の棟取り直しと軒天カバー工法で屋根廻りを刷新

棟がずれた瓦屋根
棟取り直しでずれを解消した瓦屋根
工事内容
破風板・軒天部分補修
棟瓦取り直し
使用素材
軽量シルガード(棟取り直し)
ケイ酸カルシウム板(軒天)
ケンエースG-Ⅱ(軒天塗装)
築年数
築26年
建坪
保証
0年
工事費用
約30万円

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区大森町にてスレート屋根から雨漏りする前に屋根塗装、棟板金交換工事で解消

スレート屋根工事前調査
屋根塗装、棟板金交換工事完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
足場
使用素材
日本ペイントサーモアイSI
築年数
35年
建坪
109㎡
保証
10年
工事費用
80万円 仮設足場費用含む
施工事例

千葉市中央区蘇我でトタン屋根を垂木から作り直して屋根葺き替え

強風被害を受けた金属屋根
ガルバリウムの波板に葺き替えられた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム製波板
築年数
50年以上
建坪
約15坪
保証
10年
工事費用
約115万円
施工事例

千葉市中央区大巌寺町のお住まいにて3回目の工事依頼、雨樋交換工事で漏水を改善

雨樋の歪み
雨樋交換工事
工事内容
雨樋交換
使用素材
築年数
建坪
保証
工事費用