詰め増しできない棟の漆喰|千葉市中央区


千葉市中央区のお客様より「屋根の漆喰が傷んで割れている部分があるので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は古くから建物の内装や外装に幅広く使用されている建材です。瓦屋根の棟部分にも使用されております。漆喰が割れたり剥がれたりなどの不具合を起こしてしまうと、不具合箇所から雨水が浸入し、雨漏りに繋がります。雨水の浸入を防いだり、瓦と瓦を固定している接着剤の役割を担っていますので不具合が発生すると棟のずれや崩れに繋がり、屋根を傷めてしまいます。
P5150041_R
P5150043_R
漆喰が傷んだ場合に必要な工事は漆喰の状態により異なります。漆喰は熨斗瓦と熨斗瓦の継目からの雨水の浸入を防ぐ為にも使われています。熨斗瓦から外側に向かうにつれ、雨水が漆喰を伝う頻度が高くなり、建物内部へと浸入する危険性が高くなるのです。

漆喰が土台となり、
棟を固定しているため、熨斗瓦と同じ幅になるくらいまで詰めた方が良さそうな気もしますが、熨斗瓦の内側に納まるように施工します。それにはしっかりとした理由があるのです。既存の漆喰の上に重ね塗りをする詰め増しもありますが、重ねれば重ねるほど熨斗瓦の幅に近くなってくるため、雨に濡れやすくなり、雨漏りのリスクが高まります。こちらのお客様邸の漆喰もこれ以上重ねてしまうとやがては雨漏りに繋がります。調査の結果、隅棟の4本のうち、1本の漆喰が傷んでいました。棟瓦の部分取り直し工事が必要です。棟取り直し工事は棟を一度、取り外して新たに漆喰を詰め直しますので、雨漏りの不安も解消されます。
DSC_6541_R
DSC_6556_R
屋根調査・屋根工事のご相談は、街の屋根やさん0120-990-366にお問い合わせください。調査・お見積りは無料です。お気軽にお問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちしております。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

八街市で、コーキング処理では止まらなかった雨漏りを棟瓦取り直しで解消

DSC_4707_R-1
22_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
なんばん漆喰
築年数
20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

瓦屋根の風害、崩れた棟瓦を積み直す棟瓦取り直しで改善|千葉市稲毛区

DSC_3615_R-1
69102_R
工事内容
棟瓦取り直し
使用素材
軽量なんばん
築年数
建坪
保証
工事費用

同じ地域の施工事例

施工事例

千葉市中央区で遮熱塗料・ハイブリッド塗料を使用し屋根外壁塗装工事

PA070243_R
IMG_3747_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 サーモアイSi
(クールナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-155)
 (1階ND-376)
築年数
12年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

千葉市中央区にて、パーフェクトシリーズで屋根・外壁塗装

DSC_5667_R
P7020005_R
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根塗装
 日本ペイント
 パーフェクトベスト
(ナポリブラウン)
外壁塗装
 日本ペイント
 パーフェクトトップ
 (2階ND-372)
 (1階ND-375)
築年数
18年
建坪
保証
10年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSC_6226_R

千葉市若葉区のお客様より「屋根の漆喰に穴が開いているので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。漆喰は雨水の浸入を防ぐ役割や棟瓦と屋根瓦を固定する接着剤の役割があります。穴が開いているというのはどのような状態なのか...........

DSC_5078_R

千葉市若葉区のお客様より「瓦屋根の漆喰が剥がれているのを見つけたので点検してほしい」とご相談をいただき、漆喰の調査を行いました。お客様に、どのような状況で発見したのかお伺いしたところ、下から屋根を見上げた際に隅棟の漆喰の剥がれを発見したとの...........

DSC_2750_R

千葉市稲毛区のお客様より「漆喰が剥がれてきている。補修したいので点検してほしい」とご相談をいただき、瓦屋根の漆喰調査を行いました。7年前に漆喰を詰め増ししたとの事ですが、屋根に上がると漆喰のひび割れや剥がれなどの劣化が見られ、葺き土が露出し...........