訪問業者や営業電話が最近増えたお客様からのご相談|千葉市花見川区

【台風21号、台風24号で被災された方へ10/25更新】
台風21号、台風24号の被害に遭われた皆さまにお見舞いを申し上げます。現在でも台風21号、台風24号の被害により、多くのご相談とお問合せをいただいており、順治対応しております。皆さまにはご理解を賜りますようお願い申し上げます。
台風で屋根に被害を受けた方・受けたかもしれない方、どんなに建物がご心配でも屋根にはのぼるのは危険です。街の屋根やさんの無料点検をご利用ください。可能な限りの応急処置もその場でいたします。

「最近訪問業者や屋根工事の営業電話、チラシが多くて屋根が心配になってきたから見てもらいたい」
こういったご相談を千葉市花見川区のお客様より承りました。
自分の家が何の屋根材なのかいまいちわからない、また、屋根を普段からあまり気にされていない方が多く、訪問業者に言われて初めてお家の屋根の状況や屋根材の種類を知ったということも少なくないでしょう。
そんな際に、訪問業者から修理が至急必要だと言われてしまうと、つい焦ってそのまま工事をお願いしてしまうこともあります。
しかし、訪問業者の中には、そういった屋根についてわからないお客様に間違った修理方法を進めて、費用をごまかそうという業者も多くいます。
訪問業者のそういった手口に合わないように、ご自身のお家の屋根について少しでも知っておくことがお勧めです。

e80021c705d9787c3cf006dc989f2712-columns1

スレート屋根の基本知識

早速、お客様のお家の屋根の点検を行ってきました。
お客様の屋根はスレート屋根でした。
屋根の状況を確認したところ、特に目立っていたのは、コケ。築10年以上のお家の屋根によく見られる劣化症状の1つです。
特に北側の日が当たりにくい面に発生することが多く、点検を行ったお家の屋根も北側の面を中心にコケが生えてしまっています。
コケや藻などが屋根に生えて長い間放置したままにしておくと、スレート屋根がもろくなり、塗装を行うなど、屋根の上に人が歩く際に屋根材が割れてしまうということもあります。
ですので、屋根の塗装は約10年に1度の間隔で外壁と一緒に行う事がおすすめです。
藻やコケが発生した時は、自分で洗浄することも可能ですが、屋根の上での作業は大変危険です。
今回点検を行ったお家はすでに築12年ということで、そろそろ塗装を行った方が良いことをご説明いたしました。

e15a96ed5ad6531d091b514e1a7f6890
188626ce9e32f23500566c36a2ea8844

騙されない為にも知っておく屋根の知識

上記でも説明したように、屋根の上の状況はあまり気にする機会がありません。
ですので、定期的な点検とメンテナンスを行う事が大切です。
塗装は費用が高く、どうしても目を背けがちですが、あまりにも屋根を放置してしまうと、最悪の場合は雨漏りを引きお越し、お家そのものを腐らせてしまう事もあります。
そうなると、塗装だけの費用では済まず、さらに高額な修理費用が必要になってきます。
ですので、まずは信頼のできる屋根やさんに屋根の状況を定期的に確認してもらうようにしましょう。
街の屋根やさん千葉中央店では、お家の屋根の点検や雨漏り調査、その他屋根に関するご相談無料で承っております。
お気軽にご相談下さい。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

b8a11c269409652cd2a237a431ff0965

船橋市で行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は化粧スレートです。「築26年で15年程前に屋根塗装を行ったが色褪せが気になるのでメンテナンスをしたい。」と、お問い合わせをいただきました。一般的に塗装メンテナンスは10年毎と言われています...........

9cb362d5ab4c66098f95b97548cf48db

千葉市若葉区にて行った屋根調査の様子をご紹介します。屋根材は瓦です。台風24号の通過後、瓦の破片が地面に落ちているのに気が付き、屋根の状態が心配なのでお問い合わせをいただきました。お客様に瓦の破片が落ちていた場所にご案内していただき屋根を点...........